女性化

植物性エストロゲンとは

プエラリアに含まれる美容成分といえば植物性エストロゲン。
植物性エストロゲンとは女性ホルモンに似た作用を持ち、体内に入って受容体と結合して初めて効果を発揮します。
プエラリアには大豆イソフラボンと比べ数倍もの植物性エストロゲンが含まれており、ミロエステロールやデオキシミロエステロールなどが主成分となっています。

植物性エストロゲンを効果的に摂取すれば、エストロゲン分泌量が何らかの原因で減少した場合でもそれを補うことができるので、体調の維持に役立ちます。
また女性ホルモンの本来の役割に代わってくれるので、肌や髪にハリツヤを与え、女性らしい体型を維持すると言われます。

女性ならば誰もが女性ホルモンを分泌していますが、分泌量は人それぞれ異なり、正常の範囲内に収まっている方もいればそうでない方もいます。
特に中高年以降は分泌量が急激に減少するため、ホルモンが果たすさまざまな役割がうしなわれ、更年期障害というかたちで体調不良へとつながっていきます。

女性ホルモンがどれだけ分泌しているかは、その時々によって異なります。
若いうちは正常の範囲内でも加齢とともに段々と分泌量は減っていき、体はだんだんと老化へ向かっていきます。
そして閉経を迎えると、今度は更年期障害などの症状が出やすくなります。
ここで植物性エストロゲンを摂取すると、間接的にエストロゲン作用を持つ成分を補うことができます。

女性ホルモンの分泌量が安定している場合は、プエラリアはもちろんイソフラボンも過剰に摂取しないようにしましょう。
体内のエストロゲンと後から補われた植物性エストロゲンが起こすので、働きが逆に弱まったり、思わぬ体調不良を起こす原因ともなります。
プエラリアは天然の成分ですから、たくさん摂ったからといって本来のエストロゲンのように強い影響を及ぼすことはありません。
過剰摂取には十分注意し、既往症で薬を服用している方は飲み合わせなどにも注意し、安全の範囲内で摂取することが大切です。


Copyright(C) 2013 女性には特に欠かせない成分 All Rights Reserved.